ブログ

TOP > ブログ

アポラボのブログ

テレアポのリストについて(後半)

Posted on by アポラボラトリー

今日は前回に続いてリストについて思うところを書いていきたいと思います。
前回のブログでは電話帳と求人雑誌などのフリーペーパーについて書きました。
今回はその続きになります。

続いて紹介するのは、ホームページなどから作成したリストです。
例えばリクルートのリクナビNEXTなどのサイトから求人を出している会社の
会社名、住所、電話番号、FAX番号などを取得したリストということになります。
これは1人1人が確認してエクセルに記入する手間が・・・とお思いかもしれませんが、基本的にそういった面倒なことはしません。
実はプログラミングでスクレイピングという手法があり、プログラムを組むだけで自動的に取得することが可能なのです。
基本的にそのサイトのデザインが変わらない限り、データを取得することが可能なため、すなわち一度作ったプログラムが
何度も使えるため、こういった手法は無くなりません。
(ちなみにスクレイピングについてはサーバーに負担がかかるなどの理由から禁止されているところがほとんどです)
こういったリストの質は、どのサイトから取得したのかによって品質が左右されますが
コンプライアンス的には良くないと思います。

そして次に紹介するのは帝国データバンクなど有料のものを利用したリストです。
弊社でもお客様からの指示やリスト提出などがない場合には、基本的に有料のものを使っています。
このリストのメリットは条件などを絞り込むことが可能ということです。
例えばある一定規模以上の会社にのみコールしたい場合にはこういったリストが便利です。
(ただし、コール先は会社が大きすぎれば良い、小さい方が良いといったことは一概には言えません)
ですが基本的には大きい会社も小さい会社もコールして、反応を見た上で次回からのコールに活かした方が良いと考えています。

いかがだったでしょうか。
リストにはこういった種類のリストがあり、またどのリストを選択するのか、どんな条件で絞り込むのかなど
さらに奥深いノウハウがあるのです。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

コメントは受け付けていません。

アポ率、サービス料金、対応業種等、なんでもお問合せください!