ブログ

TOP > ブログ

アポラボのブログ

Posted on by アポラボラトリー

私たちはお客様のテレアポを代行するにあたって、いえ正確には弊社のすべてのビジネスにおいて ABテストを多用しています。 そしてその中でも特に大事なのがスピードです。 仮に1ヶ月に1回ABテストを行うのと1週間に1回ABテストを行うのではかなり大きな差が出ます。 数字にすればわかりやすいのですが 仮に1回のABテストで10%の精度が上がると仮定すれば、月に10%の精度が上がるのか それとも10%×4回の複利=約46%の精度が上がるのかです。 上記数字だけ見ても大きな差があることはご理解いただけるかと思います。 そしてこれが3日に1回だったら? 毎日ABテストしたら? ...

Posted on by アポラボラトリー

昨今テレアポのご依頼に代理店構築先を探すと言った内容がちらほら出てまいりました 代理店構築ビジネスは大変素晴らしく当社としましても構築する価値があると思います。 しかし、実際は本当に難しいのが代理店構築ビジネスです。 少し逆になって考えてください。もし代理店を頼まれた場合下記のような商材ではどうでしょうか いくら、良い商材だと言われても ➀市場が少ない ➁もらえるインセが少ない ➂販促物がない こうなってくるとどうでしょうか?販売するのは大変難しくなると思います。 物を売る過程で見込み客発掘とクロージング、入金までの過程を相手にすべて委ねるのですから 代理店としては大変...

Posted on by アポラボラトリー

お客様の営業代行をしていると、ごくまれにテストをせずに最初から効率的にお願いしますと 言われることがあります。 もちろんある程度の経験則から、このコール先が良さそうだなとか、このトークスクリプトが当たりそうだなとかは わかるのですが、それでも私たちはあえてテストを行います。 なぜか? それはもっと効率の良い方法を常に模索しているから。 よく勘違いされるのですが、ABテストはただの比較ではありません。 Aという手法とBという手法の両方を比べて、どっちが良かったのか。 そして良い方を残して、また次のテストを行っていくと思われがちですが実際は違います。 良かった理由...

Posted on by アポラボラトリー

今までは上手くいっていた、今後も上手くいくはずだ‥ 誰もがそう信じたいと思います。しかし、市場は変化します。何一つ留まることなく 変化しだします。これは永遠不変の真理だと思います。 だからこそ成功もあれば失敗もあるでしょうが、会社というものは正にこの心理にあてはまると つくづく感じます。一時上手くいってたとしても次の日は成功しなくなる。それでも1度うまくいっていた から、今までそうだったからといっているとあっという間に会社の業績は降下しだします。 もし、上手く商材を販売することが難しくなったのならそれは新たな方法を模索しだす合図です。 また立ち上げたばかり上手くいかないな...

Posted on by アポラボラトリー

テレアポの特徴について今日は書いていこうと思います。どの営業ツールもそれぞれに 良いですし、適材適所で使い分けることも重要です。基本的に全てのツールを試すことが 重要だと思います。 では、テレアポの特徴ですが一番現場で思うことはしっかりと組み上げれば爆発力が相当 あると思います。ある程度の商材を売る会社で規模が大きいところもテレアポを採用している ことが多いということはそれだけテレアポの魅力をご理解されているからだと思います。 次にテストをしていくスピードが速いです。これも現場で見ているからこそ分かるのですが 細かな変化をつけるスピードが速く又即座に実行できるというメリッ...

Posted on by アポラボラトリー

みなさんはマーケティングの基本である3つのMをご存じでしょうか。 これはアメリカの天才マーケッター、ダンケネディが提唱している非常に大切な概念です。 そしてこの3つのMが正しければ、成功すると言われています。 3つのMとは マーケット(Market) メディア(Media) メッセージ(Message) すなわち、正しいマーケットに正しいメディアを使って正しいメッセージを届ける。 そうすることによって成功するということです。 どういうことか、ざっくりですが少し極端な例を用いて説明します。 例えばあなたが健康食品を販売しているとしましょう。 そうすると正しいマー...

Posted on by アポラボラトリー

お客様の営業代行を請け負っていると「商品が全く売れません」という相談が圧倒的に多いです。 ではなぜその商品は売れないんでしょうか?と尋ねると、わかりませんという回答も多いです。 景気が悪いからなどと外部要因を持ってくる人もいますが、商品が売れないのには必ず理由があります。 今日はその理由について見ていきたいと思います。 1、商品の魅力がない そもそも商品自体に魅力がなければ売れません。 やはり消費者が手に取ってみたい、使ってみたいと思う商品でなければ売れないのは当然です。 また他の製品よりも性能が悪く、値段が高い場合も同様です。 消費者目線になって考えればすぐにわかるかと思...

Posted on by アポラボラトリー

弊社の営業代行サービスをご利用いただくお客様のほとんどは少しでも売上を上げるべく 頑張っておられますが、実はお客様の商品の売れ具合によって提案の内容や業務の内容を 少し変更しています。 1、すでに大きく売れている商品の場合 これは今のまま販売チャネルを増やすことで、さらに売上をあげることができます。 すでに営業手法として成功しているので、それをとくに変えることなく、1人でも多くのお客様に アプローチをする(露出を増やす)だけで売上は大きく伸びます。 2、今の商品が普通に売れている場合 この場合は、露出を増やすだけでも売上が上がりますが、大きく売上を上げるためには 単純...

Posted on by アポラボラトリー

当社はコンサルの機会や社内の内部に関わらせていただくことが多々あります それは本当に関しております。さらにいつも思うことは全てのご依頼いただく方の 期待に応えたいと常々思います。 しかし、どれだけ頑張っても全ての思いには答えられません。それが悔しく思います 今回商品のポテンシャルという題名で書いておりますが実際にどのマーケテイング 手法を使ってもそのポテンシャルを超えるものは作り出せません。 もし、それを超えて何かを販売するのであればそれは嘘をついた限界になる可能性 があります。こうなってくると後々しんどくなると思います しかし、商材のポテンシャルは何も商品を大幅に開発...

Posted on by アポラボラトリー

前回のブログで商品のネーミングを変えるというお話をしましたが 今日は商品のターゲットを変えるということについてお話したいと思います。 ターゲットを変えて大成功 ダイエットマシーンの話ではネーミングを変えた結果、ターゲット層も変わって爆発的にヒットしたとお話しました。 しかし商品のターゲットを変えることによってネーミングも変わったという例もあります。 ニキビケアの例 とある会社がニキビケアの商品を販売していました。 この商品はニキビケアだけでなく、他の症状にも使えたため、商品の性能は他社製品よりも良かった。 しかし売上はイマイチでした。 いわゆる良い商品だけど売れてない...

アポ率、サービス料金、対応業種等、なんでもお問合せください!